不動産売買における
契約書類作成・管理業務を
もっとカンタンに

s m o o o s

2023年1月 サービス開始

いまなら事前登録して頂いた方は、月額利用料が2ヶ月間無料!

紙やExcel、契約書類が散らばっていませんか?
売買契約書や重要事項説明書、様々な付帯書類をアップロードすることで、会社のキャビネットから書類をなくし、過去の契約書類検索を瞬時に可能にします。「s m o o o s」は、不動産売買における契約書類作成・管理業務をワンストップでデジタル化し、社内のバックオフィス業務を圧倒的に効率化できるサービスです。

こんな問題起きてませんか?

契約書類の作成に手間がかかる

行政書類を集めて、特約事項を作成して、印刷して、製本して、、

契約書類の検索に時間がかかる

あの時作った特約事項、どの物件の契約書だっけ、、

社内における情報共有ができていない

担当者の契約書類作成の進捗状況が分からない、、


s m o o o s がその課題を解決します!

電子契約機能
印刷や製本業務から解放され、オフィスから紙をなくせます!
契約書類検索機能
所在地や特約事項のキーワードで、瞬時に検索できる!
契約書類作成機能
契約書類作成の進捗状況も、チーム全体で共有できます!
電子契約機能
印刷や製本業務から解放され、オフィスから紙をなくせます!

他にもこんな機能を順次追加します!

特約事項自動作成機能
ファイル共有機能
行政書類自動収集機能

特約事項自動作成機能


s m o o o s で実現する未来とは?

2022年5月の宅地建物取引業法改正で、不動産売買取引における電子契約が解禁となりました。これをきっかけに今後、紙媒体での契約書類等の管理が、一気にデジタル化していくことが想定されます。
ただすべてをデジタル化するのではなく、効率化できる業務は効率化し、不動産取引という「人とひとの取引」での顧客体験をどう高めていくかが、今後大切になっていくのではないでしょうか。
スムースを通して、不動産事業者様だけでなくお客様においても、不動産取引における新しく素晴らしい顧客体験ができる機会を、提供していきたいと考えています。
芦沢 吉紀
株式会社MeSHLIFE 代表取締役

クラウドなので、すぐに始められてカンタン

メールアドレスでアカウント登録するだけで、すぐにサービスを利用可能できます。
書類作成から契約締結まで。5ステップでとても簡単です。

電子契約サービスは、DocuSign APIを利用した不動産電子契約サービスとなります。
本ページで紹介しているサービス画面は開発中のものです。内容は変更される可能性があります。


利用料金

1ユーザあたり 月額6,000円(税込)~

利用料金・機能などの詳細につきましては、お問い合わせください。


よくある質問

Q
事前登録について教えて下さい
A

事前登録をいただいたお客様には、優先的に以下のサービスを提供します。
・ご利用開始から2ヶ月間、月額利用料(1ユーザあたり6,000円〜)を無料とさせて頂きます。
・サービス利用開始時の有償カスタマーサポート(過去の契約書類のアップロード等)を無料とさせて頂きます。

事前登録によりすぐに利用料金が発生することはありませんので、この機会に事前登録フォームよりぜひご登録ください。

Q
スムースはいつから利用できますか?
A
現在、ベータ版のサービス提供中です。
サービス申込みのボタンから情報登録お願いします。
事前登録をして頂いている方から順次ご案内しており、こちらから改めてサービスログインのURLの方お送り致します。
よろしくお願い致します。
Q
事前登録について教えて下さい
A

事前登録をいただいたお客様には、優先的に以下のサービスを提供します。
・ご利用開始から2ヶ月間、月額利用料(1ユーザあたり6,000円〜)を無料とさせて頂きます。
・サービス利用開始時の有償カスタマーサポート(過去の契約書類のアップロード等)を無料とさせて頂きます。

事前登録によりすぐに利用料金が発生することはありませんので、この機会に事前登録フォームよりぜひご登録ください。

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。


ニュース

  • 2022.11.11 サービスページを公開しました


  • 2022.11.11 サービスページを公開しました


サービスお申込みフォーム

下記のフォームに必要事項をご記入の上、【送信】ボタンをクリックしてください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください